前へ
次へ

どの大学に行くかで教育費が大きく変わる

社会に出る選択としてはまず中卒時がありますが、今は高卒が一般化しつつあり多くの人は高校に進学します。
高卒時は大学や専門学校への進学の他就職を選ぶ人も増えます。
ただよほど勉強が好きでないとか進学が難しい学力でないのであれば大学進学をしようとする人が多くなっています。
今は大学全入時代と言われ、日本の大学の定員が大学進学を希望する人を上回っているとされています。
大学を選ばなければほぼ大学進学は可能です。
大学進学にも選択肢がありどんな大学を選ぶかによって親が負担する教育費も変わってくるので、子供としっかり相談する必要があるでしょう。
安くなるのは国公立に自宅から通学するケースでしょう。
そして地元の私立に通学するケース、その次が親元から離れて国公立に下宿をしながら通学するケースになります。
最もかかるのが私立に下宿をしながら通う方法で、親としてはできれば地元の大学に進学してほしいと考えるかもしれません。

Page Top