前へ
次へ

キャッシュレスだからこそお金教育が必要

仮想通貨と呼ばれる価値が話題を呼び、特に日本では投資対象として売買が盛んになりました。
仮想通貨はどの国の通貨にも属さない価値で主にネット上での決済に使われていました。
結局投資対象として注目されたものの現金に変わる新たな決済方法とまではいきませんでしたが、キャッシュレスを推進するきっかけになったかもしれません。
元々ある仕組みとしてクレジットカードや電子マネーもキャッシュレスで支払いができ、最近はスマホ決済と呼ばれるQRコードを利用した仕組みが出てきました。
これまで子供にお金の教育をしようとするとお札や硬貨を使って行っていましたが、キャッシュレスが進むとどうするかを考えなくてはいけません。
今の小学生が大学生や社会人になるころにはかなりキャッシュレスが進んでいるでしょう。
その時にスムーズにその社会の中で生活できるようキャッシュレス時代のお金の教育が必要になります。
特にクレジットカードは先払いの仕組みなので、使いすぎに注意をするなど教えていく必要があるでしょう。

Page Top