前へ
次へ

子どもにお小遣いをいくらあげるかを考える

現代は貨幣経済で、お金を通じて生活に必要なものなどを得るようになっています。
昔であれば物々交換であったり、自分で作物を作ったり漁などで魚を得たりするのが一般的な時もありました。
でもいまお金なしで日常生活をするのは不可能でないにしても難しいと言えそうです。
子どもに関しては親が育てるので、育てている間にお金は必要ありません。
必要な食事や衣類の他必要最低限子供たちの希望するおもちゃなども親が買えば済みます。
でも子どもが将来自立するときまでお金を使ったことがない状態だとお金の使い方が分からないまま社会に放り出されることになります。
親としては子供に対していつ頃からいくらのお小遣いをあげるかを考える必要があります。
本来お金は労働によって得るものですがお小遣いは労働を必要としません。
安易にたくさんあげるのは教育には良くないでしょう。
お手伝いなどの労働を絡ませながらお小遣いをあげる仕組みなども有効かもしれません。

Page Top